こんにちは。電脳救助隊の『じゃぎ』です。

4タイプを判断するための質問を考えるワークショップ
「お互いのことを知らない3人が無人島にたどり着いた。
その中のひとりが自分だった場合、どうする?」

これに対し、
ヤムアキさん(注目型・男)と私(注目型・女)は全く同じ回答。
「他の二人と仲良くなる!」

それに対しおかマキさん(法則型・女)が
「えぇえ…(意味不明…)」
とドン引きして
「そもそもどんな状況?」
「私はそもそも、この質問の中に書かれていない、自分たちの置かれている状況の詳細が気になってしょうがない。
どういう方法で漂流したのか、どんないきさつか、この二人の年齢性別などの属性は、によってぜんぜん違うでしょう。
それによって、たとえば船で漂流したなら木片が手に入るかもしれない、とか、水の確保の方法とか考えるよね???」

注目2対法則1だったので、
ミヨコさん(法則型・女)をお呼びして
おなじ質問をしてみたところ
キョトン・・とした後に
「そもそもどんな状況?」
と質問で返してきて、
それが、おかマキさんと全く同じ反応だったのがおかしくて、その場で全員爆笑してしまったのでした。

「船で漂着したなら、食料がないか船内を探すでしょう?」
「現在の装備で何日生きられるか考えるよね?」
「勿論、水などのライフラインの確保を優先に動くでしょう!」

と法則のお二人が言えば

「いえいえこういう漂流ものの漫画だとまず、脱獄囚だとか、サイコな裏切り者だとかが居て、仲間割れが起きて攻撃されるんです!」
「だからまず、2対1で自分がハブられないようにしないと危ないんです!」

と注目二人。

因みにこの時私が思い浮かべていたのが
さいとうたかをの「サバイバル」

押見 修造の「漂流ネットカフェ」

「相手に好かれてたって、そんなシチュエーションなら飢えれば襲うでしょうよ」
「仲良くなって何の意味があるの!?」
「そんなことより水を確保することで役に立てば、他の二人も自分のことを悪くは思わないでしょう」
「そもそもライフラインの確保が最優先であって人間のことなんて考えてなかったし裏切りのこととか考えもしなかった」
「裏切られたらその時はおとなしく死ぬから、それでいい。」

と法則二人。

お互いに同タイプ同士で全く同じ反応をして
対極タイプに対して「何を言っているのかww」と言わんばかりの噛み合わなさが
大変興味深かったです!(笑)

多分、一番恐れていること(一番リスクヘッジしたいこと)が違うのかな、ということと
法則も注目も、生き残れなさそうだなぁ・・ということがよく分かりました。
(法則は、せっかく手に入れた水を司令とか理想に取られそう)

因みに司令はサバイバルを楽しみ他の二人を支配。もしくは他の二人が水や食料を手に入れるまで何もせずに待って、奪い取る。
理想はひとりでどこまでできるか試して結果的にディズニーの「ターザン」のようになるんじゃないかなぁと妄想しました。